スポンサーサイト

--:-- -- --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■魂のようなもの。

19:38 Wed 31.03
昨日に引き続いて格闘ゲームを語ります。

最近は不況のせいかMMOが下火なのかカイレラのサード人口が急激に増えた気がします。
つい先月だと深夜の混雑時間でも20人前後だったのですが、日曜日だったかな・・なんと40人超えてました。
しかも、ほとんどの人がストⅢ3rdの対戦で多分大会かなんかやってたんだと思います。

格闘ゲームブームといえば1991年に登場した元祖ストⅡから始まり、1999年に登場した3rdまでがブームだったと思います。
最初から居た人、途中から始めた人と様々な人がコンシューマー機やらアーケードで経験しブームの終わりとともに去っていった人が多いと思います。
ちょうど新声社のアケゲーの攻略誌メスト(ゲーメスト)の終焉が格闘ゲームブームの終焉といえるでしょう。
※1999年8月30日発売の第274号(9月30日号)をもって廃刊となった wikiより転載
その後飢狼やKOFでヒット作の多かったSNK(現プレイモア)も遂に力尽き倒産しました。

格闘ゲームブームが終わる共に家庭用機で出てくるゲームは、ファミリー向けを狙ったのがまた多いこと・・・
しかもその時期にUOやらROのMMOが流行りだして、大半がその二つに分かれた感じがします。
一つの世代の終わりと次世代の始まりが2000年だった感じがする。

それでも、尚そこからネットでカイレラというネット対戦ツールを利用した通信対戦が生まれます。
これはゲーム離れで客が減少して経営不振で廃業・倒産と追いやられたゲームセンターの遺産みたいなものに見えました。まあ、ゲーセンがカイレラを出したわけじゃないし、出たからって儲かるのかといえば、そこには一切のお金は動いてないわけで、結局は今までやってきた人のまだ足りない欲求が生んだ物と譬えるべきですかね。

20代前半の人はもう一部の人しかやってないと思う。守衛とかがそう。
ゲーム好きで対戦で何かを見出せる人は、年齢関係なくハマると思います。
20代後半↑から30代がヴァンパイアセイバー等の世代なのかな、このあたりのプレイヤー層は結構居ると思います。

で、何を見出すの?誰得?って思う人多いでしょうね。
人によってはコンボが決まったときの爽快感、全力でぶつかる熱い戦いがおもしろい等色々あると思います。
ですが、ほとんどの人が最初にやった時の楽しさが決めてになってると思う。
何でもそう、最初のインパクトが大事なんですよこういうのは。

今もまだ上手い人、下手な人、名の売れた人、無名のゲーマーどの人も最初は同じ。
そう、画像フォルダー漁ってて出てきた一枚の画像・・・

■ウメハラ・格闘ゲームの原点
daigo umehara

最初は誰でもへたくそあたりまえ。
無様でもいいやんね。
昔やってた貴方、今もやってる貴方、
闘いたい人はメッセでもコメでも適当にください。
ggpoはまだ導入してませんが・・・(・´ω`・)


スポンサーサイト

<< ★★タイトルがラスボス。 | home | ■N64というハードを忘れてはいけない。 >>

comment

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。